業者選びに役に立つ建設・工務店に関連した業者をご紹介します。

建設会社コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月07日 [FAQ]

工務店との契約解除について

工務店と契約解除をしたいと考えています。
地元の工務店と、注文住宅を建設してもらう契約を行いました。
ただ、工務店の対応に不満があります。
概算の見積もりを提出してもらった段階で、かなり気に入っていたこともあり、ほぼ契約する方向で話をしていました。
いざ、契約するにあたり、詳細の見積もり(支払額と同等のもの)を提出してくれ、と工務店には伝えていたのですが、水回りの価格がわからないので出せませんと言われました。
しかし、増税に間に合わせたいから、本契約を結んで欲しいと言われ、特に不満な箇所があったわけではないので、本契約ではなく、仮契約なら結ぶと伝えました。
その後も、見積もりを出してくれれば、すぐに本契約すると伝えているのにも関わらず、一向に送られてきません。
すると、工務店側から、本契約の印鑑はいつになるのか?と聞かれ、上記のことを伝えると「すでに渡してある見積もりが詳細の見積もりだ」と言われました。
これまでの話を全く違うので、もうこの工務店とは仮契約の解除をしたいと思います。
不利益にならないように、何か対応した方が良いことはありますか?

回答

契約破棄に関するルールです


色々不満もあるかと思いますが、まずはルールを整理しましょう。
そもそも、増税の話に関してですが、3月中に契約するか、9月中に工事完了検査済証となることが、8%のままの消費税が適用されるためのルールになります。
なので、今回の工務店が言うように、3月で契約できない場合は、10%の消費税となってしまいます。
または、9月までに施工が終わればいいのですが、大手のハウスメーカーでない限り、なかなか難しいでしょう。
家は大きな買い物なので、たった2%の差でもかなり大きいですよね。
仮に3000万円の住宅を建てるのであれば、8%ならば3240万円ですが、10%だと3300万円になります。
60万円は、とっても大きな金額です。
契約解除についてですが、今回は工務店側の過失が多いと推測されます。
理由としては、建築技術者がいないのではないでしょうか?
不利益を被らないようにするには、電話や口頭でのやり取りは極力控えましょう。
今後は、郵便、それも内容証明で送ることをおすすめします。
また、あなたは相手の工務店の対応が遅れたせいで、60万円の損失は確実なのですから、損害賠償請求をしても良いでしょう。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク