業者選びに役に立つ建設・工務店に関連した業者をご紹介します。

建設会社コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月09日 [FAQ]

土地込みで1000万円程度で家を建設できますか?

もうすぐ60歳になりますが、相変わらずお金はありませんが、夫婦共に健康だけには自信があって、二人共通の趣味であるテニスを続けています。
結婚してから週に1度は、ほとんど欠かさず近くの公園に出向いてテニスを楽しんでいて、妻も私も結婚当初からほとんど体重が変わっていないのもそのお陰だと思っています。
しかし、健康であるが故に長生きした場合の悩みもあって、それが家の問題です。
すでにお互いの両親は他界していて、子供たちも独立しているのであとは二人でゆっくり老後を送れれば文句はありませんが、現在住んでいるのは借家で、先日老朽化を理由に建て壊すというお達しがきて、ある程度の猶予はありますが近々引越ししなければいけなくなりました。
現在支払っている家賃は15万円程で、同じくらいの家賃で住める一軒家があればいいと探しているのですが、なかなか予算内で良い物件も見つからないし、高齢者に家を貸したがらないオーナーさんも多いみたいで、今後のことを考えると、賃貸だとますます条件が厳しくなるので、安い家を建てた方がいいのでは?と考えています。
それにこのまま15万円の家賃を死ぬまで払い続けると、あと20年生きたとしても3600万円にもなることにも気づきました。
もちろんこの歳で住宅ローンは組めないので、土地込みでなるべく1000万円に近い値段で家を建設したいのですが、都内でそのようなことは可能でしょうか?


回答

1000万円で家を建設することは可能です。


1000万円で家を建設するためには、いろいろな妥協しなければいけませんが、都内でもそれは可能です。
まず土地代は最小限に抑える必要があり、狭い土地を見つけなければいけません。
もちろん都内でも23区を離れて田舎に行けば行くほど地代は安くなりますが、あまり不便な場所だといろいろ不便になりますので、坪数を少なくする以外にも、変形地を選ぶことで土地の購入費用を抑えることができます。
家の建設費用を抑えるにも、建坪を最小限に抑える必要がありますが、木造住宅で材料コストを抑えて、デザインをシンプル化することで、建設費用を大きく抑えることができます。
直接大工などの職人さんに発注することでも、人件費を抑えることができますが、現場を仕切る人間がいなければいけませんので、地元の工務店やローコスト住宅を提供しているハウスメーカーなどの情報をたくさん集めて、より誠実に対応してくれる業者を選びましょう。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク