業者選びに役に立つ建設・工務店に関連した業者をご紹介します。

建設会社コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月10日 [FAQ]

家の建て替えはハウスメーカーと工務店のどちらに頼めばいいですか?

家を建て替えたいと思っています。どんな建設会社に頼めばよいかと考えた時に、ハウスメーカーか工務店かな?と思い浮かびましたが、違いはよく分かりません。ハウスメーカーの方が大手企業が多いので高いイメージがありますが、会社イメージを大事にするでしょうから施工技術は確かなのかと思います。工務店は小回りが利いて相談しやすく値段も安そう。という感じでイメージしています。
戸建ての建て替えにどちらへ依頼するのがいいのか、専門の方のご意見が聞けると幸いです。

回答

家を売る会社と家を建てる会社の違いに注意!


ハウスメーカーと工務店は建設会社と言う点では同じですが、その形態は全く異なります。どんな違いがあるのかご説明しましょう。
ハウスメーカーは戸建てを中心に全国展開している住宅会社が多く、家づくりを規格化し、商品として家を販売しています。住宅にシリーズの名称をつけているのを見ることがあると思います。「○○の丘」など外国の地名や名前をとった名称などがつけられていることがありますが、住宅地の好感度を上げ、販売しやすくするアイデアと言えます。また、ハウスメーカーの家は全国どこでも施工できるように規格化されており、材料を大量に注文することで住宅のコストダウンを図っています。工場である程度組み立てた状態から施工に入ることが多いため、施工日数が短いのが特徴です。そのため、工事費は工務店より安いのですが、広告宣伝費に多額の費用を使うため、その費用が建築費に上乗せとなり、最終的には工務店より高くなります。また、規格化された家ですので、お客様の要望を入れることは難しく、仮に取り入れてもらえたとしても規格外で割高になります。
よって、ハウスメーカーは自社の建てた家を売る会社だと認識した方がよいでしょう。一方、工務店は個人やメーカーから戸建て住宅の建築を請け負い、自社で工事全体を管理、監督します。一般的に地場に根付いた会社で、お客様の要望に合わせ、柔軟に対応するのが特徴です。工務店は地元の材料で地元の職人による家づくりが基本ですので、運搬コストや人件費も比較的安く、利益率や広告費はハウスメーカーのように求めないため、全体的なコストは安くなります。
工務店は家を作る会社だと認識すると、建て替え工事は工務店に依頼するのがベストだと言えるでしょう。
会社ごとに技術の差はあります。複数の会社を比較し、要望に合った施工が確実で納得のいく値段の会社を選びましょう。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク