業者選びに役に立つ建設・工務店に関連した業者をご紹介します。

建設会社コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年10月23日 [FAQ]

注文住宅建築の注意点と流れは?

主人とは大学の時に知り合って、卒業して勢いですぐに結婚して、もちろん結婚当初は二人共まだ安月給で自分たちの家を持てる身分ではなく、子供ができてもマイホームを建てることなど頭の片隅にもなく、私が仕事を辞めると生活もできないので、二人で家事も子育ても協力し合って、何とか乗り切ってきました。
子育てが落ち着いて、二人共順調にお給料もアップしてくると、貯金もできるようになり、今後は子どもの学費などにもお金はかかりますが、今のところ二人目をつくる予定はないので、このまま共働きを続けていけば、自分たちの家を持てるのでは?と考えるようになりました。
それでも今までは漠然とマイホームを持てたらいいと思っているだけでしたが、先日主人の同期が結婚して家を建てて、新築祝いを兼ねてホームパーティが開かれて、そこに参加すると、私たちの方が絶対に収入がいいから、本気で家を建てる気があれば、一度銀行に行って住宅ローンの相談をしてみるといいとアドバイスを受けました。
そこで先週主人と休みを合わせて、紹介してもらった銀行に行ってみると、診査にパスできない要素はないと言われて、本格的に行動に移すことにしました。
せっかく家を持つなら注文住宅がいいのですが、建築に当たり注意点があれば教えて欲しいのと、今後の具体的な流れを教えてください。


回答

まずはイメージをしっかり固めましょう。


注文住宅を建築する時の最も大切なポイントは、これから住む家のイメージをしっかり固めるということです。
そこがきちんとしていないと、施工会社との打ち合わせもなかなか前に進みませんし、建築後に後悔する可能性が高くなります。
大概は一生の中で一度しかないことなので、今後のライフスタイルの変化も十分に考慮して、焦らないで悔いのない家づくりを行いましょう。
家のイメージを固めるためには、資金計画を立てなければいけません。
予算によってできることとできないことがありますので、住宅ローンの申し込み金額を決めることからはじめましょう。
その後は、土地探しと施工会社選びと進みますが、ここは非常に重要なポイントで、選ぶ土地と施工業者によって、予算にも大きく影響します。
その後は契約を済ませて、着工したら後は工事が終わるのを待つだけですが、間違いが起きないように、なるべく現場に足を運ぶことをおすすめします。
家が完成したら、引越しして全工程が完了となります。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク