業者選びに役に立つ建設・工務店に関連した業者をご紹介します。

建設会社コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2020年05月12日 [FAQ]

工務店に依頼を断られるケースはありますか?

これから家づくりをしたいと考えていて、そのために工務店へ相談することを考えています。
いろいろな工務店に希望を伝えて対応してもらえるのか確認するつもりなのですが、依頼をしたとして断られるケースがあるかもしれないと思い不安になっています。
工務店に依頼したら逆に向こうから断られてしまうようなことがあるのか教えてください。

回答

工務店の方で家づくりを辞退するケースはあります


工務店に相談をすればどのような家づくりにも対応してくれると考える人がいるかもしれませんが、実際には工務店側が辞退するというケースもあります。
工務店はさまざまな人から家づくりの相談を受けていて、その際には依頼を受けるかどうか慎重に判断しているのです。
まずは相談者とコミュニケーションを取っていくことになるのですが、そこでスムーズなコミュニケーションが取れないと工務店側が辞退するケースがあります。
たとえば、自分は客だからと尊大な態度を取って工務店のスタッフを馬鹿にするような人は、工務店に断られる可能性が高いでしょう。
工務店が見積書を出したときに、その内容を異常に厳しくチェックするような人がいて、できるだけコストをカットすることを要求される場合にも工務店側が辞退するケースが出てくるでしょう。
工務店を性悪説で見ている人がいて、見積りを出せばその内容はできるだけ工務店が利益を得られるように悪意が込められていると考えている人がいるのです。
工務店に騙されないようにという思いが強くて、猜疑心や警戒心が高くなっていて、工務店の提案はすべて工務店が不当に利益を上げるものだとうがった考え方をしている人は、工務店に断られることがあるでしょう。
家づくりというのはお互いの信頼関係で成立しているものであり、客が工務店を信用することができず、さまざまな提案やアドバイスを真剣に受け止めないのであれば、工務店側はまともな家づくりを進めることができないと判断して、辞退するということになります。
そのため、これから工務店を利用して家づくりをしたいのであれば、工務店を信頼することが大切であり、住宅のことをきちんと理解する努力をすることが大切です。
工務店が不当にお金儲けを企んでいると考えてしまうと、工務店スタッフの発言にはすべて裏があると考えてしまい、それではまともな打ち合わせを進めることができなくなるでしょう。
工務店にも客を選ぶ権利があるため、家づくりを進める際には工務店に対して誠実な対応を心がけることが大切です。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク