業者選びに役に立つ建設・工務店に関連した業者をご紹介します。

建設会社コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2020年06月16日 [FAQ]

工務店は、他の建設関係の業種と何が違いますか?

新築で家を建てたいと考えています。
いつかいつかと思っていてなんとなく先送りになっていたのですが、子供が小学生になるタイミングなので、決意しました。
ハウスメーカー・デザイン事務所・工務店で話をしてみようと思いますが、その中でもいまいちよく分からないのが工務店の存在です。
「どんなシチュエーションで頼んだらいいか」「工務店ならではの強み」などの特徴を教えていただけませんか。


回答

工務店は地元密着の建設のプロ集団です


家を新築する際は、いろいろな業者がありますので、どこに頼んだらいいのか困ってしまうケースが多々見られます。今回は工務店をメインにご紹介しましょう。
工務店は、地元密着の建築のプロ集団です。事務所を開いている土地のことに精通していて、その土地の気候に最適な壁材、建築手法、塗装方法など、ノウハウを蓄えている業者と言えます。
また、全国展開していないので、大々的に広告などは出していません。その分、経費を抑えながら実直に業務にあたっていますので、大手ハウスメーカーに比べると建築費用が安く抑えられる傾向にあります。
新築の家に関しては、施主の希望も細かく聞いてくれますし、迷っている点があればプロの視点でアドバイスもしてくれるなど、比較的柔軟にプランを決めることができる点も魅力の一つです。
地元密着の利を活かし、配管業者や電気設備業者、板金業者とのつながりも深く、事前の打ち合わせや連携も息のあったものです。何かあればすぐに各種業者と連絡をとってくれることは、大きな安心材料ですね。
反面、規模の大きくない業者が大半です。経済状況によって経営が左右されるなど、若干不安定な業者は複数ありますし、場合によってはアフターサービスがあまり期待できないなどのデメリットも考えられます。
職人が多く在籍していないところでは、作業に関わる人数が少ないために工期が長くなることもあります。
以上のように、メリットとデメリットが様々にありますが、もしゆかりのない新しい土地で家を建てることを検討している場合には、心強いパートナーになりえます。
事前にリサーチしていなかった情報や、風通しで気をつけたほうがいいところ、台風など地域独特の災害にも知見を広げることができることでしょう。
こういった点は、全国展開しているハウスメーカーやデザインに注力している設計事務所に勝るところです。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク